おすすめ情報

【SAKURA10th】Headway HD-YOZAKURA’24 SF,S-ESU / ATB / YZ-GR (Yozakura-Gradation)

356,400

10周年を迎えたHeadwayの桜ギター。
2014年に製作された一本のウクレレから始まり、従来の木材とは木質もサウンドも異なる桜材にHeadwayは長年培われたギター作りの知識と技をもって今日まで向き合い続けています。
そしてついに10周年という節目を迎え、さらなる飛躍と世界へ羽ばたいて欲しいという願いが込められた特別なモデルがここに完成しました。

カラーリングは2016年の初登場以降、桜ギターの代名詞ともなった「夜桜ブラック」をもとに、10周年にふさわしい趣のある仕上がりとなっております。
斜めにかけて広がる赤紫のグラデーションは、月明かりに照らされた夜桜のごとく気品に満ちた表情を見せます。

桜と同じく和の心を象徴する存在として、天神には「鶴」のモチーフが入れられております。
10周年を迎えた桜モデルを渡り鳥である鶴になぞらえ、どこまでも高く、そして世界中へ羽ばたいて欲しいという願いが込められています。

指板には桜ギターの代名詞の一つともいえる桜のインレイが入っております。
アクリルと木材を使用した巧みなインレイワークによって、葉桜と舞い落ちる桜の花弁を美しく表現されています。
さらに、桜花をまとった鶴の翼をイメージした10周年限定デザインのサウンドホールカバーが付属。ピックガードにもさりげなく鶴の羽が描かれており、ギター全体にストーリー性を持たせています。

サイドバックにはしなやかな杢目を持った山桜(ヤマザクラ)を使用。
非常に硬質な特徴がありローミッドにピークを持ちつつも、桜材特有の甘いサウンドを奏でます。裏板は同じく国産材の栃(トチ)を使用した3ピース構造になっており、飛び立つ鶴の一群が描かれます。

ネックシェイプは従来のHeadwayのネックのイメージを覆す薄さを重視した『Extra Slim U Neck』を採用。
Headwayネックの特徴である安定性はもちろん考慮され、カーボンバーを入れる「ハイストレングネック」仕様によって剛性を高めています。
カーボンバーの効果は安定性のみでなく、不要なネックのしなりを抑え弦の振動がスムーズにボディトップに伝わることにより、高音域の表現力が向上しています。

ブレーシングは34セミフォワードシフテッドブレーシングが採用されています。
Headwayマスタービルダーの百瀬恭夫氏が1934年製のビンテージギターのブレーシングを研究し、独自に発展させたブレーシングを継承。Xのクロス位置がサウンドホールに近いセミフォワードシフトで新品時より低音の反応がよく、ボリュームのある鳴りを持ちます。フォワードシフトよりも5mmほどブリッジ寄りになっていることにより、トップ板の安定性も考慮された設計が行われています。

~Specs~
Body Top:Selected Sitka Spruce
Body Side&Back:Yamazakura with 3P Center: Tochi
Neck:African Mahogany
Fingerboard:Ebony
Nut:High Density Bone(水牛骨)
Saddle:High Density Bone(水牛骨)
Bridge:Ebony
Machineheads:GOTOH®SG301 AB01 GG
Fret:HHF-AG2S
Scale:645mm(25.4inch)
Neck Grip:Extra Slim U Grip
Width at Nut:43mm
Bracing:34 Semi Forward Shifted, Scalloped X Bracing
Finish:Thin Urethane

~保証について~
メーカー保証対象です。

詳細はこちら

Please Share!

関連する情報

決算SALE開催中!!

決算SALE開催中!!

2月はお待ちかねの決算セール月です! 赤字覚悟の超クリアランスプライス...

新潟店長岡店三条店イオン新潟西店イオンモール新発田店イベントお知らせ