お知らせ詳細&アーカイブ

【ボーカル科】延澤汐美先生の体験レッスンをご紹介♪

(2019.07.03up)

こんにちは!あぽろん長岡店のスタッフMです!
今回は前回受講したボーカル科・KANAE先生の体験レッスンに続き、同じくボーカル科の延澤汐美先生の体験レッスンを受講してみました!

 

ボーカルのレッスンってどんなことをやっているの?
すぐに効果があるの?
先生によってどんな風に違うの?

 

そんな疑問に体当たりしてきました!
よろしくお願いしまーす!!

M「この曲のサビが高くて気持ちよく歌えないんです…助けてください!」
延澤先生(以下 延)「わかりました! では、まずは実際に歌ってみてもらっても良いでしょうか?」
と、まずはMの歌声を聞いてもらうところからレッスンはスタート!
Mが歌っている間はMの後ろから横から何かをチェックしている様子の延澤先生。

M「こんな感じで、サビは高くて出ないんですよ…」
延「Mさんの歌声は立体感のある歌声ですね!口が大きく開いているので言葉がハッキリと聞こえています!
実はMさんが歌っている間に姿勢と喉ぼとけの動き、それから肩の動きをチェックさせていただきました。気持ちよく声を出せるようにまずは姿勢を作りましょう!」
と姿勢作りへ。
延「Mさんはスマホやパソコンをよく見ますか?」
M「はい。そうれはもう。」
延「歌っているときの姿勢がそういった方に多く見られる姿勢になっているんですね。なので重心をこうして背中をこうして首をこうして…」


姿勢作り中…

慣れない姿勢に少々のぎこちない感じがしますが、声は出やすくなっているかも…
(一枚目の画像が姿勢を直す前の写真です。この姿勢がどうなるのかは体験レッスンで是非お確かめください!)

延「Mさんは息継ぎをする際に肩が上下していました。これは胸式呼吸ですね。胸式呼吸を使うこともありますが、腹式呼吸もやってみましょう!」
腹式呼吸を意識していたつもりが、できていなかったことが判明しました。
こうした自分では気が付かないような部分(体の動きや癖)を見てもらえるのも体験レッスンならではですね。

延「次は喉ぼとけを触りながら高い声を出してみましょう。高い声を出すと喉ぼとけはどれくらい上がりますか?」
M「アー(高い声)…2cmくらい上がりますね」
延「喉ぼとけが上がり過ぎると上がった分だけ喉が閉まってしまうのでちゃん口を開いていても響かなくなってしまいます。なので喉ぼとけをを上げずに高い声を出すために、口の中で舌をこうやって声を出してみてください。」
と、舌の形を変えて声を出してみると喉ぼとけがさっきよりも上がらない!
それがどういうことかと言うと

高 い 声 が す っ ご く ハ ッ キ リ 出 る … ッ ッ !!

前回同様驚きの変化です。

その後は高いKeyを克服するためにミックスボイスを身につけるべく『鼻腔共鳴』のトレーニングへ。

『鼻腔共鳴』トレーニングで用いた楽譜をチラ見せ。この①を一工夫加えたハミングでトレーニングし体験レッスンは終了。
どんなハミングで練習したか気になる方はぜひ体験レッスンへ!

今回の体験レッスンは歌う時の姿勢や、口の中をどうすれば声が出やすくなるのか、それぞれのビフォー/アフターでの違いが大変わかりやすいレッスンでした。
同じKeyでも姿勢や声の出し方でこんなに違いがあるとは…これだけでも習う価値があるほどの発見でした。高い声の出し方に不安や悩みがある方には大変お勧めのレッスンです!
また、独学での習得が難しいミックスボイスもわかりやすく先生の実技を交えながら教えてくださるので、ミックスボイスを身に付けたいボーカリストさんにもオススメです!

明るく元気ハツラツな延澤先生のボーカル科は、下記店舗にて体験レッスン受付中!
お気軽にお申し込みくださいませ♬

♪♪♪無料体験レッスンへのお申込み・お問い合わせはお近くのあぽろんまで♪♪♪
新潟店 0120-04-4030
イオン新潟西店 0120-80-0808
三条店 0120-03-7812
長岡店 0120-35-1289
イオンモール新発田店 0120-208-871

★無料体験レッスンはこちらからもお申込みいただけます♪→無料体験レッスンお申込みフォーム

会員様専用


>講師さんの演奏動画はこちらから♪

Special Contents

>一生青春!今から青春!
>さわった分だけ力になる!情操効果だけではなく、知能指数も上がる?!
>ひるの時間を充実させよう!
>ご都合の良い日時をお選びください。
>音楽と教えることが大好きなあなたをお待ちしています!
>スクールの日常から、イベント情報まで!